ブログ

高齢者の糖尿病と認知症

皆様こんにちは。大学の仕事が忙しく、あまりブログ更新ができませんでしたが、先日有名な医学雑誌に「日本人の高齢者における糖尿病と海馬の委縮の関連」について検討した研究報告が掲載されましたので、今回はこの論文のご紹介を少ししたいと思います(Hirabayashi N,et al.Diabetes Care 2016;39:1543-1549)。 九州大学では以前から福岡県久山町で一般住民を対象とした研...

喘息や長期の喫煙で呼吸機能が低下します。

オリンピックに沸いた夏休みでしたね~♪ 先週あたりからは、巨大台風や信じられないほどの大雨など、喘息や片頭痛の方にはしんどい気候です(・・;) 皆さま体調はいかがですか? 当院では先週から「呼吸機能検査」が出来るようになりました。 息をいっぱい吸ったあと思いっきり吐き出すことで、“肺活量”や“1秒率(最初の1秒間に吐き出される空気の量”を測定し、「肺年齢」を算出します。 “1秒率”が低下する疾患に...

呼吸機能検査が出来るようになります~肺年齢を調べましょう(^^)/

皆さんこんにちは。 月曜日の台風接近以来、不安定な天気が続いていますね。 タイトルにも書きました検査ですが、今週の27日の土曜日から検査が出来るようになります。 呼吸機能検査とは、肺の容積や、空気を出し入れする換気機能のレベルを調べる検査です。 長年喫煙していらっしゃる方や、気管支喘息・肺気腫など、慢性の呼吸器疾患をお持ちの方に対して行われる検査です。 検査方法も指示に従って呼吸して頂き、予測と実...

乳がんの治療;その⑥“分子標的薬について”

残暑お見舞い申し上げます。 オリンピックに熱中している間に、いつの間にか前回のブログ更新から時間が経ってしまいました。 今回は“分子標的薬”について。 “分子標的薬”は“抗がん剤”と違い、主に乳がん細胞そのものを標的にして治療を進めるお薬です。 “抗がん剤”はがん細胞に効果を発揮する一方で、自分の細胞に対しても一部影響があり、副症状(髪の毛が抜けたり、吐き気や倦怠感、手足のしびれなど)が出ることが...

9月日程表の一部変更のご案内。

糖尿病内科日程糖尿病内科日程湯浅医師による糖尿病内科の9月の日程が一部変更になっております。 9/8(木)9:30~12:30 ⇒ 9/15(木)10:00~12:30 大変ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。 ...

通常診療再開しています(^◇^)

こしだ内科クリニックの夏休みも終わり、15日より診療を再開しております。 今日は台風接近もあるのか、午後からは開店休業状態でございます(:_;) 今は降ったりやんだりの雨ですが徐々に雨脚が強くなるとの予報です。 帰宅時間帯にどしゃ降りの雨が重ならないことを祈るばかりです… 皆様、ご帰宅の際は足元お気をつけ下さいね。 明日も通常通り診療しており、明日の午前は院長と平田医師の2診体制です。 糖尿病専門...

“かかりつけ医からのお願い”について。

梅雨があけて猛暑到来…最近の世田谷の日差しは南国のようですね(・・;) そして、いよいよリオ・オリンピックが始まります。今回は地球の裏側ですから、寝不足になってしまう方がいらっしゃるかもしれませんね。 先日、世田谷医師会から“かかりつけ医からのお願い”というポスターを頂きました。 週刊誌などで医療に関する記事が続き、治療薬や治療内容に不安を感じてしまうことがあって作って下さったようです...

開業して1年半が経ちました。

お陰様で今月15日で開業からちょうど1年半が経ちました。 この間、たくさんの出会いがあり、またなつかしい再会もありました。 地域の方々に支えられていることを日々スタッフ共々実感し、これからも感謝を忘れず診療にあたりたいと思っています。 ところで、先日千歳船橋駅前の“わくわく不動産”の倉沢社長とお仕事についての対談をさせて頂きました。 テーマは「地域に生かされている」です。 お時間ありましたら、是非...

糖尿病患者さんがかかりやすい「がん」とは…?

糖尿病教室

皆様こんにちは。蒸し暑い日が続いていますが、いかがお過ごしですか? 今回は糖尿病患者さんにしばしば診られる「がん」についてのお話です。 2013年に日本糖尿病学会と日本癌学会による合同委員会により「糖尿病と癌に関する合同委員会報告」が公表されました。その委員会報告では、糖尿病を有する患者さんがかかりやすい「がん」として、大腸がん・肝臓がん・膵臓がんの3つが挙げられています。糖尿病を有する患者さんで...
1 2 3 4 5

Page Top