ブログ

糖尿病専門医交代のご挨拶🌹

今年の4月より、こしだ内科クリニックにて 月曜日に糖尿病専門外来を勤めさせていただくことになりました、福西智子です。 自己紹介しますと、越田容子院長先生と同じく北里大学医学部出身で、私は内分泌代謝内科に入局後、 大学病院の病棟管理と外来にて糖尿病などの生活習慣病やバセドウ病などの甲状腺疾患の診療をしていました。 同時に大学院では、少し難しいのですがプロテオミクスの分野から酸化ストレスの研究をしまし...

退任のご挨拶

  日ごとに暖かさを感じられるようになりましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。 これまで3年間、糖尿病内科外来を担当させていただきましたが、本務先の変更に伴い、今月末をもちまして糖尿病内科外来を退任させていただくこととなりました。 長い間大変お世話になり、誠にありがとうございました。 糖尿病の患者さんが血糖値のコントロールを良好に長く維持するためには、生活習慣の改善は欠かせません。 患者さんに...

健康長寿を目指すために必要な「3つのアクション+1」

糖尿病内科日程第4回こしだ内科クリニック糖尿病教室お知らせ「健康寿命」という言葉をご存知でしょうか? 「健康寿命」とは健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間を指します。 平成25年のデータでは、男性の健康寿命が71.19歳、女性の健康寿命が74.21歳であることが厚生労働省より報告されています。 しかし、この健康寿命は日本人の平均寿命より9–12年短いことがわかってお...

2016年12月7日(水曜日)13時半~「お薬は正しく使いましょう」をテーマに第3回の糖尿病教室を開催します。糖尿病の治療で大事なお薬について、当院糖尿病専門外来担当の平田医師が分かりやすくお話します。参加は無料です。当院をご利用でない方でもご関心のある方はお気軽にご参加下さい。

2016年12月7日(水曜日)13時半~「お薬は正しく使いましょう」をテーマに第3回の糖尿病教室を開催します。糖尿病の治療で大事なお薬について、当院糖尿病専門外来担当の平田医師が分かりやすくお話します。参加は無料です。当院をご利用でない方でもご関心のある方はお気軽にご参加下さい。 ...

ピオグリタゾン塩酸含有製剤:使用上の注意が改訂されました。

皆様こんにちは。この数週間で寒くなってまいりましたが、いかがお過ごしですか? 先月、厚生労働省からピオグリタゾン含有製剤の添付文書における「使用上の注意」の改訂に関する事務連絡が発出され、それに伴いピオグリタゾン含有製剤の添付文書において「使用上の注意」が改訂されました。 ピオグリタゾン含有製剤はインスリン抵抗性(インスリンの効きやすさ)を改善させる作用を持った経口血糖降下剤で、薬剤名で「アクトス...

高齢者の糖尿病と認知症

皆様こんにちは。大学の仕事が忙しく、あまりブログ更新ができませんでしたが、先日有名な医学雑誌に「日本人の高齢者における糖尿病と海馬の委縮の関連」について検討した研究報告が掲載されましたので、今回はこの論文のご紹介を少ししたいと思います(Hirabayashi N,et al.Diabetes Care 2016;39:1543-1549)。 九州大学では以前から福岡県久山町で一般住民を対象とした研...

糖尿病患者さんがかかりやすい「がん」とは…?

糖尿病教室

皆様こんにちは。蒸し暑い日が続いていますが、いかがお過ごしですか? 今回は糖尿病患者さんにしばしば診られる「がん」についてのお話です。 2013年に日本糖尿病学会と日本癌学会による合同委員会により「糖尿病と癌に関する合同委員会報告」が公表されました。その委員会報告では、糖尿病を有する患者さんがかかりやすい「がん」として、大腸がん・肝臓がん・膵臓がんの3つが挙げられています。糖尿病を有する患者さんで...

Page Top